紅葉



紅葉記事一覧

芦ノ湖の紅葉

紅葉は、間近で眺めても、背景として眺めても楽しめるものとなっており、1番美しく見える眺め方というのは、その場所によって変わってくるものだといえるでしょう。神奈川県にある芦ノ湖の紅葉は、さまざまな眺め方を楽しめるスポットとして有名です。芦ノ湖の紅葉の見頃は、11月上旬から中旬にかけてとなっています。芦...

≫続きを読む

 

雲場池の紅葉

長野県軽井沢といえば、夏の避暑地として有名な場所ですが、雲場池は、軽井沢を代表とする紅葉のスポットとしても知られています。雲場池は、軽井沢町の六本辻近くにある池で、地元の人の間では、「おみずばた」と呼ばれており、「スワンレイク」という愛称も合わせて持っています。近世に、ホテル鹿島ノ森の敷地内に湧く御...

≫続きを読む

 

奥入瀬渓流の紅葉

紅葉を楽しむときに、山々の様子だけではなく、そこにある渓流といったものの存在も、を引き立たせる大切な要素の1つだといえるでしょう。そういった渓流にある紅葉のメッカとして有名となっているのが、青森県にある奥入瀬渓流の紅葉です。奥入瀬渓流は、十和田湖から流れている唯一の河川で、十和田湖畔の子ノ口から焼山...

≫続きを読む

 

いろは坂の紅葉

紅葉を楽しむ場合に、ひとつのところに留まって眺める場合と、車窓からの景色を楽しむ場合の2種類があるといえるでしょう。後者でとくに有名となっているのが、栃木県日光市のいろは坂の紅葉です。いろは坂とは、全長がおよそ15.8キロある山岳道路で、ここは「日本の道100選」にも挙げられるほど知名度の高い場所で...

≫続きを読む

 

強羅 箱根美術館の紅葉

箱根周辺は、関東地方における紅葉の名所の1つとして挙げることができますが、強羅公園に隣接している箱根美術館の紅葉がとくに有名となっています。箱根美術館は、箱根周辺にある美術館のなかでも最も古いものとなっています。東洋や日本美術の陶磁器などが、数多く公開されていますが、それ以上に有名となっているのが、...

≫続きを読む

 

御岳昇仙峡の紅葉

日本各地には、景勝地と呼ばれるところが数多くありますが、山梨県甲府市にある御嶽昇仙峡は、1923年に国指定名勝に指定されてから、さらに30年後の1953年に特別名勝に格上げされた、紅葉の名所として有名となっています。御嶽昇仙峡は、秩父多摩甲斐国立公園に属していて、全長は長瀞橋から仙娥滝までのおよそ5...

≫続きを読む

 

香嵐渓の紅葉

中部地方にある紅葉の名所の1つとしてだけではなく、全国でも有数の名所として、香嵐渓の紅葉を挙げることができるでしょう。香嵐渓は、愛知県の豊田市にある矢作川の支流の巴川によって作られている渓谷で、愛知高原国定公園に属しています。香嵐渓の始まりは古く、西暦1634年寛永11年に、香積寺の第11世住職であ...

≫続きを読む

 

国営昭和記念公園の紅葉

紅葉というと、山奥まで行かなければ楽しむことができないと思われがちですが、東京都下であっても、その秋の風情を楽しむことができるようです。なかでも有名なのが、東京都立川市と昭島市にまたがる、国営昭和記念公園です。こn国営昭和記念公園は、昭和天皇の在位50年の記念行事の一環として建設されたもで、総面積が...

≫続きを読む

 

支笏湖の紅葉

北海道には、紅葉を楽しめるスポットが数多く存在していますが、なかでもとくに有名となっているのが、支笏湖の紅葉です。支笏湖は、北海道千歳市にある淡水湖で、支笏洞爺国立公園に属しており、日本最北の不凍湖としても知られています。アイヌ語で「大きな窪地」を意味している支笏湖ですが、その名の通り非常に深度があ...

≫続きを読む

 

鹿王院の紅葉

紅葉を楽しむ目的として、京都を訪れる人は、日本人だけではなく外国人も含めてかなり多くの人数がいます。とくに紅葉のメッカともいわれている嵐山方面に足を伸ばす人が多くなっていますが、その嵐山周辺で隠れた紅葉の名所として名高いのが、鹿王院の紅葉です。鹿王院は、足利義満が1379年に建立した、元は宝幢寺とい...

≫続きを読む

 

十和田湖の紅葉

日本の国土のおよそ75パーセントは山地といわれており、したがって全国各地で紅葉を楽しむことができるようになっています。そして、湖のほとりに映える紅葉というのは、一段と風情があるもので、樹木と湖面のコントラストは自然の雄大さを感じることができるといえるでしょう。なかでも、青森県と秋田県の県境にある十和...

≫続きを読む

 

然別湖の紅葉

ひと口に紅葉といっても、その土地ならではの紅葉の仕方や見方があるようです。そこで北海道の然別湖の紅葉について、紹介をしていきます。然別湖は、北海道十勝管内鹿追町北部に位置する、大雪山国立公園内にある湖です。標高が810メートルに達しており、北海道にある湖のなかでも、最も標高の高い場所にあります。湖の...

≫続きを読む

 

千畳敷カールの紅葉

甲信越地方には険しい山々が多くなっているため、そういった山岳に映える紅葉の名所も少なくありません。なかでも有名となっているのが、千畳敷カールの紅葉だといわれています。千畳敷カールは、長野県の駒ヶ根市と宮田村にまたがっている中央アルプスの宝剣岳の真下に広がっている、氷河地形のことを指します。標高が2,...

≫続きを読む

 

仙石原 長安寺の紅葉

神奈川県にある箱根といえば、1年中を通して観光客の多い人気のスポットとなっています。とくに紅葉を求めて訪れる人も、少なくありません。そんな紅葉の1大スポットである箱根周辺のなかで、知る人ぞ知るといわれている紅葉の名所が、仙石原長安寺の紅葉です。長安寺は曹洞宗のお寺で、「東国花の寺 百ヶ寺」としても知...

≫続きを読む

 

戦場ヶ原の紅葉

山々の間近でみる紅葉もきれいですが、広大な湿原地帯から眺める紅葉も非常に見頃となっています。とくに栃木県の戦場ヶ原の紅葉は有名で、毎年数多くの観光客が訪れています。戦場ヶ原とは栃木県日光市にある日光国立公園内にある高層湿原のことで、標高はおよそ1,390メートルから1,400メートルあります。戦場ヶ...

≫続きを読む

 

大隅湖の紅葉

四季のある日本において、全国各地では紅葉を楽しむことができるようになっています。鹿児島県にある大隅湖は、シラス土壌によって覆われた、笠野原台地の灌漑用貯水池として、串良川上流に作られたダム湖です。周囲がおよそ10キロあり、季節に応じてさまざまな樹々や花々を楽しむことができるようになっています。とくに...

≫続きを読む

 

筑波山の紅葉

東京都心から電車1本で行くことができる紅葉の名所の1つに、茨城県の筑波山の紅葉が挙げられます。筑波山は、茨城県つくば市の北端に位置する、標高877メートルの山で、西側の標高871メートルの男体山と、東側の標高877メートルの女体山からなっていて、日本一標高の低い日本百名山の1つにも数え上げられていま...

≫続きを読む

 

湯本の紅葉

神奈川県の箱根周辺は、紅葉の名所としても非常に有名ですが、場所によって紅葉の見頃となる時期が、若干変化しています。箱根周辺における紅葉とは、まずは芦ノ湖近辺からはじまり、続いて仙石原、そして強羅や小涌谷と紅葉前線が移っていくようです。そして最後に箱根での紅葉を楽しむことができるのが、箱根湯本の周辺と...

≫続きを読む

 

白滝公園の紅葉

四国地方での紅葉の名所を挙げるとするならば、愛媛県にある白滝公園の紅葉が有名だといえるようです。白滝公園は、愛媛県の大洲市にある公園で、詩人の野口雨情が「秋の白滝、木と木のもみじ、山に錦の幕をはる」と絶賛したことでも有名な、紅葉の名所となっています。白滝公園は、肱川の河口より、およそ6キロの上流に位...

≫続きを読む

 

竜頭の滝の紅葉

栃木県の日光市は、関東地方において紅葉の名所といわれています。いくつかの場所を挙げることができますが、なかでもとくに有名となっているのが、竜頭の滝の紅葉です。竜頭の滝とは、奥日光地域を代表する滝の1つであり、華厳滝、湯滝と共に、奥日光三名瀑のなかの1つとされています。湯ノ湖から始まって、戦場ヶ原を通...

≫続きを読む

 

箕面の滝の紅葉

関西地方において、紅葉の名所の代表的な場所を挙げるとするならば、大阪府箕面市にある箕面の滝の紅葉は欠かせません。箕面の滝は、明治の森箕面国定公園内にある滝のことを指しており、箕面大滝とも呼ばれており、「日本の滝百選」の1つにも選定されています。滝の流れ落ちるさまが、農具の「箕」の形に似ているというの...

≫続きを読む

 

養老渓谷の紅葉

関東近郊にある、紅葉の名所の1つとして、千葉県の養老渓谷の紅葉を挙げることができます。養老渓谷は、千葉県の夷隅郡大多喜町から市原市に向かって流れている養老川によって作られた渓谷で、川沿いを中心に遊歩道が整備されているなか、モミジやウルシといった樹々の紅葉散策を楽しむことができます。また、養老渓谷には...

≫続きを読む

 

おすすめ!トラベル